Unix, Linuxでおなじみのmanコマンドはで、一度マニュアルが参照されるとそれをキャッシュしておき(/var/cache/man/)、次回以降も使用する、というような設定になっている。
キャッシュといってもファイルシステム(SDカード)上となるため、これを何とかやめさせて、SDカードの寿命を少しでも伸ばす。
ただし、manコマンドを実行した際のレスポンスが若干悪くなるが、そこは目をつぶる。

$ su
# vi /etc/manpath.config

変更点は下記の通り。

# diff manpath.config.orig manpath.config
66,71c66,71
< MANDB_MAP     /usr/man                /var/cache/man/fsstnd
< MANDB_MAP     /usr/share/man          /var/cache/man
< MANDB_MAP     /usr/local/man          /var/cache/man/oldlocal
< MANDB_MAP     /usr/local/share/man    /var/cache/man/local
< MANDB_MAP     /usr/X11R6/man          /var/cache/man/X11R6
< MANDB_MAP     /opt/man                /var/cache/man/opt
---
> MANDB_MAP     /usr/man
> MANDB_MAP     /usr/share/man
> MANDB_MAP     /usr/local/man
> MANDB_MAP     /usr/local/share/man
> MANDB_MAP     /usr/X11R6/man
> MANDB_MAP     /opt/man

それともう一つ、cronにより1日一回、マニュアルのキャッシュをごそごそしているようなので、これを停止します。

# chmod ugo-x /etc/cron.daily/man-db

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-04-02 (月) 15:44:25 (254d)