無線LAN中継器でTello(ドローン)の飛距離アップを目論見ます。
の前に、Telloと中継器、iPhoneがスムーズに接続できないケースがあり、不愉快なので何とかしてみます。


2020-05-09 どうもこの組み合わせ(Tello + TL-WR802N)はよくないような気がします。

理由:両方の機器ともに2.4GHzを使います。中継器はどうやらTelloと同じチャンネルに合わるようで、Tello飛行中に以下のメッセージ:

強い電波干渉があります

がTelloアプリの画面に表示されてしまうのです。自分たちで電波状況を悪くしてしまっているといった具合です。
(Windows10の WiFi Analyzer というアプリで2.4GHzの電波状態を見るとまさにそういう風に見えました)
というわけでもしこれらの組み合わせで運用するなら、

iPhone(操作端末)、中継器、Telloは十分に離して使う

などの注意が必要なのかな、と、現時点で思うわけであります。
残念ながら時間の関係でこれ以上は追及できていません。あしからず。
(2.4GHz+5GHzの中継器があれば多分こんなことにはならないんでしょう。同じメーカーのTL-WR902ACあたり?いやまて、5GHz帯の屋外利用はいろいろと制限があったな・・・予算と時間の関係でひとまず打ち切り)


以下の内容はお約束ですが自己責任でどうぞ。
これがすべて正しいとも限りません。あしからず。

機材

主な機材です。これ以外にBluetoothのコントローラーがありますが、割愛します。

  • Tello
  • iPhone8 (iOS13)
  • WiFi中継器 TL-WR802N (ワイヤレスルーター。右の写真のもの。レンジエクステンダーとも言うらしい)
  • モバイルバッテリー

画像はアマゾンから拝借していますが、無理して買わなくていいです。

主な接続手順

説明書通りなのでざっくり。

事前準備

  1. Telloのネットワークパスワードを設定
  2. TL-WR802Nを中継器モードにし、TelloのSSIDとパスワードを設定(中継器のとTelloのSSIDは変えてみた)

中継器の設定は「クイックセットアップ」を使うととりあえず早いです。

フライト時の手順

一般的には下記のようになるでしょう。

  1. 中継器の電源を入れる
  2. Telloの電源を入れる(1と2の順序はよくわからない)
  3. 中継器の緑LEDが点滅から点灯に変わるのを待つ(ほうがいいみたいだが・・・)
  4. iPhoneで中継器のSSIDに接続
  5. iPhoneでTelloアプリを起動

接続しづらい問題

前述の手順を踏んでもうまくつながらないことが時々あり、やや不満があります。
また、1フライト目はちゃんとつながるのに、2フライト目はつなげるのに手間取ったり。

ネットで調べても、Telloと中継器の電源を同時に入れるとよい、みたいなのはあっても、 ズバリな解決方法がないようです(調べきれなかっただけかも・・・)。

というわけで、ちょいとつついてみました。

解決方法

結論から。
完璧に解決したかどうかは不明ですが、何もしないよりはだいぶましになったと思います。

設定の手順。

  1. 中継器の「ネットワーク - LAN」画面
    1. LANタイプを「静的IP」に変更(デフォルトはスマートIP(DHCP))
    2. IPアドレスを 192.168.10.10 に変更(ネットワークアドレス192.168.10.0/24で末尾が1以外なら何でもよい)
  2. 中継器の「DHCP」画面
    1. DHCPサーバーを無効にする
  3. iPhoneのネットワーク設定で固定IPにする
    1. アドレスは192.168.10.20とか
    2. サブネットマスクは255.255.255.0
    3. ルーターは192.168.10.1

フライトの手順。

  1. 中継器の電源は入れっぱなし
  2. Telloの電源を入れる
  3. 中継器の緑LEDが点滅から点灯になるのを待つ(点灯=中継器とTelloがつながった)
  4. iPhoneの設定画面のWi-Fiで、中継器のSSIDが安定して表示・選択できることを確認(中継器とTelloが接続される瞬間に一瞬切れることがある)
  5. iPhoneのTelloアプリを起動(2回目以降のフライトで、アプリとの接続がうまくいって居合場合は、アプリを再起動)
  6. 飛びます、飛びます!!
  7. 続けてフライトしたい場合、2へ戻る

実際のところ、まだテストが足りず確認の途中といった状況です。

原因かも

Telloは空飛ぶルーター、IPアドレスは192.168.10.1固定。ヒントはScratchのTello.js。(またはSDK 1.3
TL-WR802Nを中継器モードにした時のLANタイプは「スマートIP」がデフォルト。
中継器のネットワークアドレス、IPアドレスは中継先のネットワークに自動追従するものと思われる。
中継先へ接続できない場合、ネットワークは192.168.0.0/24、アドレスは192.168.0.1になる。
ここで、Telloをオフ、中継器の電源を入れ、iPhoneと中継器を接続すると、iPhoneのIPアドレスは中継器のDHCPから取得する192.168.0.100になる。
次に、Telloをオンにすると、中継器のネットワークアドレスはTelloと同じ192.168.10.0/24に追従し、さらにそれに追従しようとiPhoneのネットワーク周りがすったもんだするのではないかと。(この場合、TelloのDHCPサーバーからアドレスをもらうのだろうと推測)

さらに一歩進めて、iPhoneも固定IPにしてしまう手もあるかも。そうすると、中継器のDHCPもオフにできるし。
(補足:DHCPの衝突とかそういうのではないでしょう)

ノウハウ

  • 中継器の設定画面を開く際、取説にある tplinkwifi.net ではなく、中継器(ルーター)のIPアドレスを直接打ち込んだほうが早い。
    デフォルトは 192.168.0.1 、設定を変えている場合は適宜変更すること。
  • 今回使用した TL-WR802N を中継器モードにした場合、 それ自身の設定画面をPC等のブラウザから開こうとすると反応が極めて鈍い、というか使えない。
    解決方法は簡単で、中継先の機材(今回の場合はTello)の電源を入れ、中継器とTelloをリンク状態にする、これでOK。
    中継器の設定はiPhoneのブラウザからやったほうがよい。

結果というより

  • この方法で、実際にどのくらい安定して使えるかは、まだ確認中(なかなか試せていない)
  • 結局、中継器とTelloがネットワーク的に接続する瞬間、中継器のネットワークがiPhoneから一瞬見えなくなり、そこでいらっとする
  • あまり解決になってないかも(をぃ

その他

  • Telloと中継器のSSIDを同じくすればすんなりつながるのか、未確認
  • TL-WR802Nの設定をするためのiPhone(Androidもか?)アプリが提供されているが、ユーザー登録が必要。使ってはみたもののあまり必要性を感じなかった。ユーザー登録損だった・・・
  • ぶっちゃけ2020-05-04時点でまだ飛距離アップまでは試せていない

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-05-19 (火) 20:19:56 (16d)