(2022-03-08)

Laravelを使うために、まずはComposerというやつをインストールする必要がある。

参考
https://snome.jp/framework/laravel-install-win/
https://laravel.com/docs/9.x#installation-via-composer

OS
Windows10
XAMPP
v3.3.0
Composer
v2.2.7

XAMPPインストール先 c:\var\xampp

(XAMPPのコントロールパネルは管理者モードで起動するように設定(省略)。)

Composerのインストール

Windowsインストーラーは使わず、コマンドラインからインストールしてみた。

https://getcomposer.org/download/

にある Command-line installation 通りにやってみた。

cd c:\var\xampp\php
php -r "copy('https://getcomposer.org/installer', 'composer-setup.php');"
php -r "if (hash_file('sha384', 'composer-setup.php') === '906a...省略...') (次行へ続く。本当は改行しない)
 (前行からの続き) { echo 'Installer verified'; } else { echo 'Installer corrupt'; unlink('composer-setup.php'); } echo PHP_EOL;"
php composer-setup.php
php -r "unlink('composer-setup.php');"

sha384の値は、Composerのバージョンが変わったら変わるはず。

ただしコマンドラインからインストールした場合、コマンドプロンプトからComposerを実行するのに下記のように書かなければならない(phpコマンドへのパスは通っているものとして)。

> php c:\var\xampp\php\composer.phar

とてもめんどくさいので、以下のバッチファイルを作成し、c:\var\xampp\php\composer.bat として保存しておく。

@echo off
setlocal DISABLEDELAYEDEXPANSION
php "%~dp0composer.phar" %*

これで、パスが通っていれば

composer

と打ち込むだけで使えるようになる。

パスの通し方は省略。

Laravelの新規プロジェクト作成

コマンドラインを起動し、apacheのドキュメントルートに移動、composerに適当な引数を指定してインストールする。

cd c:\var\xampp\htdocs
composer create-project --prefer-dist laravel/laravel laravel_sample

ダウンロードしたりするので少々時間がかかる。

インストールが終わったら、XAMPPのapacheを起動してからブラウザに下記のURLを入力してみる。

localhost/laravel_sample/public

結果はこんな感じ。

Laravel-Install.png

次は使ってみる編を(そのうち)。


添付ファイル: fileLaravel-Install.png 30件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 履歴 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2022-03-15 (火) 13:33:34